TERAS

社員インタビュー

楠本 浩一Koichi Kusumoto

株式会社プロテラス 
デザイナー
2008年中途入社

知識をすぐに実践で活かせる環境がデザイナーとしての総合力を高める

デザイナーとしての総合力を磨けるのは、プロテラスでデザインをやる魅力だと思います。 お店の内外装やデジタルサイネージ、グラフィックなどを総合的に提案して、設計や施工の方々と協力しながら現場を作り上げていく、 一連の流れに関わることができます。

仕事は、まず営業に同行して、お客様の要望をヒアリングするところから。 お客様と直接打ち合わせをすることで明確なイメージを共有できるため、その後の仕事がスムーズになります。 また、ダイレクトにお客様の反応がわかるので、デザインをいかにうまく伝えるかというプレゼンの重要性にも気づけました。 手探りで進めていた作業がお客様の希望にマッチし、手応えのあるプレゼンができたときには、大きな達成感が味わえます。 また、入社して1、2年の頃に初めて手掛けた大規模案件では、さまざまなミスマッチから、現場に行ってひどく怒られたこともありました。 そのとき「なんとかしなくては」という思いだけで乗り切った苦い思い出が、僕を成長させてくれました。どうにか収めることができた経験を通じて、 今はどんな案件でも「どうにかなるし、どうにかする」と自然に思えます。 責任を持ってやるなら「だめ」とは言われないプロテラスでは、自分から手を挙げればいくらでも前に進めます。 手掛けられるデザインの幅が広く、自分が調べた情報や学んできたスキルを、すぐ実践に活かせるのも面白いところです。 さまざまな案件の積み重ねが、デザイナーとしての総合力を高めてくれたと思います。

目標は高く――
会社の外でも活躍できるデザイナーに

成長につながる一番早い方法は、場数を踏むこと。自分の力を磨くため、今はとにかく多くの案件をやりたいので、すべての仕事に手を挙げるようにしています。 一昨年には、社員総会で最優秀デザイナー賞を受賞できましたが、自分ではまだスキルに納得していません。 社外にはもっと優秀なデザイナーがたくさんいるし、いずれ独立したとしても十分にやっていけるような力をつけたい。 今は社内にクリエイティブの専門チームがないので、デザイナーを集めてそんな仕組みを作るのもいいですね。