TERAS

社員インタビュー

松田 健太郎Kentaro Matsuda

株式会社プロテラス 
ユニットマネージャー
2012年中途入社

プロテラスの営業は、ゼロから100を生み出す仕事

営業というと決まったものをただ売るだけのイメージがあるかもしれませんが、 プロテラスでは、ゼロからの提案を100にしていく仕事。 さまざまなアイディアを基に、インターネットを使ってお客様の販売促進をお手伝いしています。 今まで使われていなかったWebサービスを導入してもらうには、とにかく自分の説明がキモ。 企画・提案を通じてお客様に必要性を理解していただき、喜んでもらえたとき、特にやりがいを感じます。

別業界から転職をしてきて、慣れない法人営業には苦労しましたが、努力すればするだけ身になるのを実感できるのが営業職の醍醐味。 自分の理想像をはっきりと描き、力を尽くすことは、自分にとっては決してつらくありません。 今は、サービスの意図をきちんと伝え、お客様にとってのメリットを具体的にイメージしてもらえる営業マンになるべく、 たくさんのお客様や先輩方とふれあって、自分なりの"勝ちパターン"を増やしているところです。

業界シェアNo.1企業だからこそ、斬新な取り組みを

僕が担当しているITソリューション事業は、会社でも大きく期待されている分野です。 商品がリリースされてすぐはあまり販売が行き届いていなかったため、ここに特化した営業マンになることを決めました。 知らない分野に挑戦すれば成長につながるし、自分にしかない武器が身につくと思ったからです。 会社が事業に注力するタイミングで実績を残せたため、社内の中途新人賞を受賞することもできました。

これからは、業界全体のインターネット事業を盛り上げていきたいと思っています。 プロテラスは、LEDビジョンやグラフィックシートでは業界シェアNo.1。そんな会社だからこそ、新しい分野での斬新な取り組みが求められています。 まだアミューズメント業界にITソリューションが浸透しきっていない現状で、プロテラスが先陣を切り、さまざまなアプローチを試していくべきです。 知識を増やし、アイディアを磨きながら、僕がその一端を担いたい。もちろんチームの成長も重要です。社内では、IT開発とチーム営業の仕組みを持っているのは東京だけ。 この環境にいることを活かし、ツールの刷新や情報共有などにも積極的に取り組んでいこうと思っています。